髪留めと雰囲気の合うものをつける

最近つけているピアスはほとんど義母から貰ったもので、いくつもあるのでその日の気分に合ったものを選んでつけることができています。
まだ小さい娘が活発で、ピアスは一緒に転がって遊んでるうちに失くしてしまうかもと不安に思っていました。そのため、あまり新しいものを買う気は起きず、いつも同じものをつけていたのですが、義母の家に遊びに行った時に沢山くれたのです。どれも買ったけど結局使わなかったもので、しかも安いものらしく、気軽につけることができるので助かっています。元々ブランドに興味がないので、安くても可愛いものを貰えてとても嬉しかったです。
現在特に気に入っているのは、平らな猫がぶら下がったピアスです。髪が長く公園などで遊ぶ時は結ぶことが多いので、猫が揺れるのがはっきり見えて可愛いです。シルバーの猫がついているだけで、色味がないのでどんな服装にも合うのが便利です。私は黒っぽい服が多く、外出時によく黒いチョーカーをつけているので、それに合うデザインの猫が使いやすいです。
現在のピアス事情はそういったものですが、高校時代にはピアスを制服のリボンにつけていました。仲の良い友達と2人で1つずつ分け合い、リボンの端にお揃いでつけていました。揺れるタイプのものをつけていたので、リボンが動くたびにピアスも揺れて可愛かったです。私の中でピアスの思い出というと、必ずそのことが浮かびます。周りに同じようなことをしている人はいなかったので、2人の個性として注目されていました。

«
»